事業概要

大阪市訪問介護のTOP > 事業概要

名称未設定-4555

ご報告書に基づき大阪府を中心に、ご家族をサポートします。

私たちAlwaysは、ご出張やお忙しい方 、ご旅行や単身赴任される方や遠方でご様子が見られない方のための事業です。
137b2de522ea06242ddf84f85a219baf_s
特別老人ホーム、介護老人福祉施設、介護老人、保健施設、宅老所、有料老人ホーム、ケアハウス、高専賃、サービス付き高齢者向け住宅、短期入所生活介護、短期入所療養介護、グループホーム の入居者様のご家族の代わりになりサポートする会社です。

今ニュースになっている報道はごくごく一部であります。もうお忘れではないですか?現場では日常茶飯事にトラブルが起こっています。私達Alwaysの担当員は10年以上の経験を積んでいます。ご心配なことはないですか?適切なチェックをし、ご報告書にて報告致します。問題になっている虐待やご家族には見えない所で実際にはあってばならないことが起きています。

ご出張や単身赴任される、ご旅行やご家族様の様子がおかしい、心配だという方がいらっしゃればお伺い致します。

地域包括支援センターとは?

地域包括支援センターは、高齢者が住み慣れた地域で充実感のある安定した生活を送るために、介護予防、福祉などの面から包括的、継続的に支援する組織であり、人口2~3万人に一ヶ所を目安に設置されます。
高齢者やその家族からの相談には、介護、保健、福祉の専門職の方が対応します。

2,000年からスタートした介護保健制度は従来の保健、福祉による高齢者への介護に関わるサービスを一体化し、利用者の利益を総合的に図るという理念を掲げています。介護保健の財源として介護給付費における負担割合は、介護保険料と/国、都道府県.市町村からの公費が半分ずつになっています。(私が介護事務管理士を取得した平成24年)。今も変わらず税金と保険料で折半のようです。介護保険の法律は3年ごとにみなおされますが保険料は右肩上がりで上がってます。

上手な認知症介護の12か条

第一条 「知ることが力になる」せっかくの情報も、知らなければ活用できない
第二条 「割り切り上手は、介護上手」自分を追いつめず、考え方を切り替える
第三条 「演技を楽しもう」認知症の人に合わせ、「俳優」になる
第四条 「過去にこだわらず、現在を認める」受け入れるところから介護がはじまる
第五条 「気負っては負け」力まずに福祉サービスなどを活用
第六条 「囲い込むより開放する」
第七条 「仲間を見つけ、心軽く」話を聞いてもらったり、手を貸してもらったり
第八条 「ほっと一息が、つぎへのパワー」エネルギー充電は、介護の必要条件
第九条 「借りる手は、多いほど楽」一人で抱えるには、かいごは重過ぎる
第十条 「相手のペースに合わせる」あせらずに合わせたほうが負担は軽くなる
第十一条 「相手の立場で考える」自分の見方だけにとらわれない
第十二条 「自分の健康管理にも気を付ける」心身の健康は、介護の基本

ページトップへ

ページトップへ