訪問介護での算定で覚えておきたいポイントは?

訪問介護で意外と知らない、算定の豆知識をまとめてみました。
(1) 介護保険意外な対象外や申請とは?
訪問介護において本人の安否確認や健康チェックなどによる若干の生活援助を行う場合は、算定の対象外となっています。そもそも訪問介護の介護保険のなかで医療費控除になるのは、治療を目的にして支払われた場合のみに限定されています。また、訪問介護の数は上限があり、要介護の程度によっても異なりますが、要介護1の場合は27回までの制限があり、これを超える場合は市区町村に申請を行う必要があります。
(2) 新しく注目される在宅管理とは?
訪問介護のサービス開始前にはアセスメントサービスを行っており、利用者の状況を把握したり分析し訪問介護で解決できる問題状況を明らかにします。他にも自宅で栄養指導や食事指導を行う「在宅訪問管理栄養士」も注目されています。この場合のエプロンなどは、利用者が用意する必要はありません。
(3) 訪問介護に含まれる範囲に注意
訪問介護の利用者が身体的な援助があれば、買い物を自ら行える状況である場合に買い物に同行する場合があり「自立支援援助」の一環になります。この場合、実施地域内での補助でない場合は、利用者や家族に許可を取り交通費を請求することもできます。ちなみに普段の生活の範囲を超えていると判断される、ドライクリーニングなどは訪問介護外になっています。
訪問介護のサービスを受ける前におさえておきたいポイントをまとめてみました。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA